アコースティックギターを始めよう!

カッコいいオジサマというのは、必ず趣味を持っています。無趣味ではプライベートが充実せず、周囲が持つ印象が薄くなってしまいます。

しかし、何を始めれば良いかで悩む方も多いと思います。バイクも良いですが、免許を取得する必要がありますし、何と言ってもお金がかかります。家族がいる場合はそう簡単に始めるわけにはいきません。

運動をかねてトレッキングも良いですが、山歩きは好き嫌いが分かれますし、装備品をそろえるのも大変です。そこで、もっと手軽に出来るアコースティックギターに目を向けてはいかがでしょうか?


なぜアコースティックギターなのか?

そもそも、なぜアコースティックギターなのでしょうか?理由はたくさんありますが、何と言っても「5万円ほどで買える」という手軽さは大きいと思います。また室内で出来ますので、天候を気にする必要もありません。さらにエレキギターのようにアンプなどの付属品も用意する必要がないため、始めるには最適と言えます。

「アコースティックギターを一度も触ったことがない」という方は意外と少ないのではないでしょうか。高校の頃、あるいは大学の頃、「コードを覚えてガチャガチャやっていた」という方も多いと思います。つまり「弾く感覚をすでに身に付けている人が多い」も、始めるに最適な理由の1つです。

どんなギターを買えば良い?

月刊誌などの背表紙に掲載されているような、格安の通販ギターは止めてください。価格とセット内容は魅力的ですが、あまりにもお粗末な品物が届きます。

やはり実際にギターショップに行って、自分の手で触ってフィーリングが合うものを選びましょう。しかし、高価なギターを購入する必要はありません。最初は5万店程度のもので十分です。

店員さんと相談しながら決めても良いですが、こちらが大人だと高いギターを勧めてくる方が多いと言えます。もちろん長く使える高品質なものなので、騙されているわけではありません。しかし口車に乗るのは面白くないので、あらかじめ「5万円程度のものを」と予算を伝えておきましょう。

この時、予備の弦も購入しておけば良いでしょう。なお、弦は細いもの(エクストラライトなど)が良いと思います。最初は指の先やつめが痛くなりますので、ある程度まで皮膚が強化されてから太めの弦に挑戦してください。

いかがでしょうか?上記の通り、アコースティックギターは手軽に始められるため、最近では50代以上の男性にも大人気です。またそのような方は、「昔やっていたので、もう一度青春に戻った気分で弾いてみたい」という方が多いと言えます。 何かの時にギターの腕前を披露して、モテるオジサマへの第一歩を踏み出してみましょう!