アラフォー世代がモテるための方法を伝授

見た目にも若々しく、誰が見てもモテるシニア世代だろうという男性たちの様々な話から、モテるシニアになるための秘訣をピックアップしました。ダラダラと過ごしているだけではモテないことを改めて痛感するお話ばかりです。


趣味の幅を広げて女性の話を聞く姿勢があればモテる

女性は男性に何を求めているか、を考えた場合、視野が狭くて自分の世界の中でだけ生きているような男性はモテないことに気付きます。目の前にいる女性が男性の話に夢中になるのは、その分野のことを知りたいという以外に、男性の視野の広さに魅力を感じていることもあるようです。自分の知らないことを知っている知識の深さに、大人の男としての魅力を感じるみたいですね。

同時に、聞き上手な男性もモテます。自分の話ばかりだけでなく、女性の話に耳を傾ける余裕が欲しいのです。それが例え男性にとって関心のないことでも、君はそういうことに興味があるんだね、関心があるんだね、と分かってくれて、同調してくれることに喜びを感じるのが女性なんです。バブル時代に遊んでいたと思われる芸能人やタレントさんの中には、シニア世代になってもモテてる方が少なくありません。彼らに共通しているのはただの遊び人というのではなく、女性を大事に扱っていることが伝わるからなんです。教養がある、聞き上手、シニア世代でモテる男性は両方兼ね備えています。

女性を年齢で区別しない

モテるシニア男性は、年齢で女性を区別しません。なぜならば、女性の年齢ではなく、女性の立ち振る舞いや女性の身形などを見ているからです。例えば、どんなに若くても見た目がだらしなく、男性の前でも股を開いて座ることに恥じらいがないような女性には魅力を感じません。年齢を重ねて色んな経験をしてきた女性は、ひとつ年を重ねるごとに魅力が増してくると言います。年齢ばかりを意識すると、せっかくのチャンスを逃す、とモテるシニア男性は口を揃えて言っています。

自分自身に課題を与える

例えば見た目。不潔になっていないか、スタイルはブヨブヨしていないか、鼻毛など無駄毛はしっかり処理できているか。誰が見ても不快に感じないか身だしなみを毎日厳しくチェックしましょう。それから自分では気付きにくいようですが、年を重ねると口角が下がり気味になるようです。口角が下がると、それだけで機嫌が悪そうに見えます。あの人には声をかけにくい、などと言われないように注意しましょう。

出会いは身の回りにたくさんあることに気付くことが大事

選り好みをして自分の理想の女性にばかり声をかけていては、その行動が自分の価値を下げてしまていることに気付かなければいけません。モテるシニア男性はコミュニケーション能力が長けています。誰とでもすぐに親しくなれるんですね。コミュニケーションを深めていけば、まさかこんな身近に理想の相手がいたなんて、と驚くこともあります。自分でチャンスを逃しているなんてもったいないですからね。

今回お話したシニア男性がモテるためのコツ、ぜひ実践してください。女性の見る目が変わるだけでなく、自分自身の女性を見る目も変わることを実感するはずです。外見も内面も磨かれた人は、誰が見てもステキに映りますからね。