モテるオジサマファッションの基本意識

「いい歳してオシャレに気を使うなんて」という考えはもう古い!シニア向けのファッション誌や芸能人たちが活躍する今の時代、身なりに気づかうのは決して恥ずかしいことではありません。まずはいくつかのポイントを意識してカッコイイオジサマを目指しましょう。


最初は清潔感を意識する!

いくらオシャレとはいえ、若者がするような奇抜なファッションや最先端の流行を取り入れる必要はありません。個性を求めるよりもまずは"清潔感"を意識していきましょう。

シニア世代にとって白や淡いグレーなどのカラーは基本となります。爽やかさ・清潔感とともに明るい印象を与えることができます。黒や茶などは使い過ぎるとやや暗い印象を与えるので、明るく爽やかな色味の中の差し色程度にとどめましょう。 また家や近所でない限り、Tシャツなどのラフすぎる格好は厳禁。ボタンシャツで清潔かつ清楚なイメージの服装が望ましいです。

若者にはない武器を意識する!

シニア世代には昔のような"若さ"という武器はありません。その代わりに若者にはない"渋さ"があります。「いぶし銀」なんて言葉がありますが、中年だからこそだせる味を活かすファッションを意識してみましょう。

たとえば小物にこだわってみましょう。若者の間にもハットが流行っていますが、中年男性であれば一点もののような渋いハットを選んでみてください。時計なども若すぎるデザインよりもより大人向けのブランドを意識してみましょう。そうしたこだわりは意外に女性はみていて「オシャレに気を使ってる人だな」と思わせることができます。

モデルのスタイルは参考程度に!

シニア向けのファッション誌やそこに登場するモデルが最近増えてきています。参考になる部分が非常に多いのですが、あまり真似しすぎるのもよくありません。

まず大きな理由として「スタイルの違い」が挙げられます。中年であってもモデルは背が高く抜群の体型なのですからカッコよく見えて当然です。そのまま真似をしてしまえば"服に着られてしまう"のは間違いないでしょう。

また彼らのファッションは「流行」のものです。意外に流行り廃りのあるアイテムを身に着けているので、真似をし続けると流行をずっと追う羽目になります。

モデルのファッションを上から下まで同じにするのは厳禁。全体の雰囲気のみを参考にして自分の体型や流行り廃りの少ないものをチョイスしていきましょう。

ファッションの第一歩目から無理な背伸びをする必要はありません。シニアのオシャレでは上記のポイントを意識しておけば間違いありません。まずはモテるオジサマの基礎を固めていきましょう!