心に余裕のある接し方、ナチュラルさが女性の心をわしづかみ

いつもバタバタ慌てた様子のオジサンに心安らぐ女性はいないでしょう。やはり年相応に落ち着きがあり、気持ちに余裕があるオジサマだからこそ、女性は安らぎを覚えるのです。


気持ちにも態度にも余裕のあるオジサマは女性が認めるモテる人

いくつになっても恋する男でいたい、そういう気持ちを持ち続けることは悪いことではありません。むしろ、自分磨きには必要なモチベーションですが、あからさまに誰が見ても「女性を欲している」という雰囲気が漂っているのは必死すぎてみっともない男性に映ってしまいます。オジサマはオジサマらしい気持ちの余裕があるからこそ、女性はそこに魅力を感じるのです。

周りにいる女性には平等に優しいというのもオジサマならではの魅力のようで、この人なら自分にも優しくしてくれるという安堵感を覚えます。特別な話をしなくてもいいんです。会うと必ず声をかけてくれる、これだってじゅうぶん優しさが伝わります。いつも気にかけてくれる、誰にも優しく接してくれるオジサマは、実は女性たちの間で取り合いになることもあるんですよ。私にだけ優しくして欲しい、という欲求が芽生えるのだとか。

ここで注意が必要なのは男性のほうからガツガツしないことです。ココがチャンス!とばかりに野獣になったのでは魅力が半減するどころか逆に嫌われてしまう可能性もあります。食事ぐらいならお付き合いしたいという女性は多いので、意中の女性がいたなら、まずは食事に誘うことからはじめましょう。その日は送り狼にならず、あくまでも食事を楽しむ、この心の余裕がオジサマの最大の魅力と覚えておいてください。

やりすぎ注意! 素敵なオジサマに求められるのはナチュラルさ

女子心のそこが難しい! 確かにそうかもしれません。好意を持たれるオジサマの条件一位にもなっている「清潔感」ですが、神経質なオジサマはNGなんです。見た目には清潔感があるので悪いわけではないですが「自分が女として劣っているように感じてしまう」「もしかしたらそこを指摘されてしまうかも」という心配の声が多いのです。清潔感は大事ですが、女性がいる目の前で除菌シートを出してあちこち拭き出したり、ドラマのワンシーンであるように指でホコリチェックするようなことは避けましょう。

それからナチュラルさという点ですが、例えば髪の毛。最近テレビに出ているタレントさんの中で、わざと白髪を染めない方が増えてきましたね。体を適度に鍛えていて、身なりもしっかりしているオジサマの白髪頭は受け入れられる、むしろナチュラルで好きという女性は予想外に多いんですよ。若くい続けるために体力づくりなどは必要ですが、薄くなってきた髪の毛を隠すためにカツラを被って若返ろうとするのは無理して頑張っていると受け取られてしまいます。その様子は痛々しく見えてしまうのです。年相応の見た目はマイナスではなく、かえってプラスであることをお忘れなく。

若い世代の人が無理に大人ぶる姿がみっともなくみえるのと同じように、40代の男性が強引に若返ろうとする姿もみっともなく映ります。時間の流れに逆らわず、上手に年を重ねているオジサマこそがモテるというわけです。オジサマはオジサマらしく生きることこそ、女性たちの憧れの的になります。