シニアがぶつかる「オシャレの壁」乗り越えるポイント!

オシャレを始めようとした中年男性は、最初に「どこで服を買ったらいいかわからない」という壁にぶつかります。仕事用のスーツならまだしも、プライベートのオシャレ服はこれまで買ったことがない人が多いはずです。他にもシニア世代ならではの「オシャレの壁」はたくさんあります。一つずつ解決してオシャレオジサマの第一歩を踏み出しましょう!


ファストファッションで買う!

「オシャレ服をどこで買うか」中年男性にとって大きな壁です。そんなときは仕事用のスーツをどこで買っているか思い出しましょう。普段の使い回し用のスーツはほとんど「洋服の青山」などのスーツ量販店で購入しているはずです。なぜなら「着まわすから安くて十分」「専門店だから間違いない」といった理由があるからです。

普段着用のオシャレ服もまったく同じで、悩むことなどなく「ユニクロ」などのファストファッションの店へ行けば問題ありません。一般的な流行や飽きのこないデザインの服が多く、何より安い!いろいろと試しながら自分に合うオシャレを見つけるのに最適です。

一人ファッションショーでセンスを磨く!

オシャレには"センス"が重要なポイントになります。先天的にセンスが良い人もいますが、基本的にセンスは磨いて光るもの。「初心者はどう磨けばいいの?」と聞かれたら「勉強しましょう」と答えるしかありません。ファッション誌を読んだり、街中やTVタレントのオシャレさんを見るのもいいでしょう。ですが、最も勉強になるのは"数をこなすこと"です。

オススメなのが「一人ファッションショー」。手元にあるものや、ファストファッションの安い服を組み合わせて鏡の前で自分の姿を確認しましょう。写真を撮り何枚か並べて、客観的に見比べるのも非常に勉強になります。次第に自分に似合うデザイン、色、コーディネートがわかってくるはずです。

清潔感はカラーとデザインと身だしなみ!

女性は清潔感のある服装を好みますが、オシャレ初心者にとって「爽やかなオシャレ」はいまいちピンとこないものです。清潔に見えるポイントとはどういうものなのでしょう?

最もわかりやすく清潔感を出せるのが白や薄いグレーなどの明るめのカラー。涼やかな色合いはフレッシュな印象を与えてくれます。デザインはボタンシャツなどが無難です。胸元は一つか二つボタンを開けて、ラフな感じにすれば爽やかに見えるでしょう。

意外に忘れがちなのが身だしなみ。ボサボサの髪や無精ひげでは服装以前に野暮ったく見えてしまいます。基本的には短髪の整った髪型で、ツルっとしたアゴのラインを意識しておきましょう。

オシャレ初心者にとってファッションは奥が深く悩ましいものですが、実は意外にシンプルなもので十分だったりします。まずは気負わず、女性に好感がもたれる最低限の服装を心がけ、慣れていくことから始めましょう!