教則本は1冊だけで良い

全くの初心者の方はもちろん、昔にギターをやっていた方でも、改めてギターを手に取ると「何を練習すれば良いのか?」に困ると思います。ただコードを押さえてジャカジャカやるだけでは面白くありませんし、かと言って、何を練習すればカッコいいギターオヤジになれるのか、難しいところでしょう。

そこで役に立つのが教則本ですが、本屋さんに行ってもたくさんの種類の教則本が売られています。そして今度は、「どれを買えば良いのか…?」で迷うことになります。


ギターショップの店員さんに聞く

そのような場合は、本屋さんではなくギターショップに行ってみましょう。大きなギターショップであれば、教則本も取り扱っています。初心者向けから上級者向け、あるいは特定のジャンルの音楽を特集した書籍まで、数多くを見つけることが出来るでしょう。

その中から店員さんに選んでもらうのですが、全くの初心者の場合は、「全くの初心者です。コードも全く知りません。しかし将来的にはブルースに挑戦したいです」と伝えておきましょう。

昔にギターをやっていた方であれば、「コードを知っている程度です。こんな音楽をやってみたいです」と言えば良いと思います。

このように、「現在の自分のレベル」と「やってみたい音楽のジャンル」を伝えておけば、店員さんもあなたに合った1冊を見つけやすいと言えます。

何冊も買わない

ギターの練習だけでなく、何かの学習でも同じことが言えますが、何冊も教則本を購入する必要はありません。まずは1冊を手に取って、そこに書かれている内容を完璧にマスターするよう心がけましょう。

そして、マスターしたら教則本とはサヨナラです。2冊目を購入する必要はありません。なぜなら今では、ユーチューブでギター演奏を教える動画が大量にアップされているためです。ユーチューブこそ、上級者になるための最高の先生と言えるため、「全くの初心者」から脱却したら教則本は購入しないでください。

特定のジャンルの教則本を買う

上記で、「2冊目以降は買わない」と言いましたが、それでも特定のジャンルの音楽を学ぶ場合は1冊だけ購入しても構いません。アコースティックギターならではの「カントリーブルース」や「ボサノヴァ」など、モテるオジサマとしてカッコよく見える特定のジャンル、ユーチューブで良い動画が見つかれば良いのですが、ない場合は本屋さんに行ってみるのも良いでしょう。

いかがでしょうか?教則本には、「全くの初心者から脱却するため」と「特定ジャンルの音楽を学ぶため」の2つの目的があると思ってください。

したがって、中級者レベルの方であればユーチューブで十分です。何度も視聴して音を覚え、動画を参考に弾き方を学んでみましょう。逆に何冊も教則本を買う方は、途中で挫折する可能性が非常に高いと言えます。