シニアが運動を始めるためのステップ

健康的で絞られた体を手に入れたい!運動は女性からモテる魅力的ボディを作る最良の手段です。張り切って頑張りたいところですが、いきなり体を動かすと体調を崩すなど弊害もあります。シニア世代が運動を始める際のポイントを理解しておきましょう。


自分の体を知ろう

体力も筋力も若いころとはまったく違います。昔と同じように走ったり、跳んだりなどはまずできません。今現在の自分の体を理解しないまま運動を始めることは危険です。勢いのままハードワークをすれば、怪我をしたり体調を崩したりするリスクが高まります。最悪の場合、そのまま運動を諦めてしまうことになるでしょう。

まずは衰えた体を確かめるために、基礎的な運動である軽いジョギングや筋トレなどから始めましょう。タイムや回数を把握し「いま自分はどこまでできるのか」がわかれば、無茶をすることもなくなるはずです。

続けられるものを探そう

健康的な体をつくるためには継続的に汗を流すことが大切です。仕事や私生活もあり時間が取れない場合もあると思いますが、長期的にみて続けられれば問題はありません。

時間以外に運動を継続できない理由として多いのは「飽きた」「面倒くさい」などがあります。ジョギングや筋トレなどの単調なものは特にその傾向が強いようです。その場合は走るコースを変えるなど何かしら工夫が必要です。

本格的なスポーツを始めるのも良い方法です。昔やっていた競技や興味のあるジャンルを試してみて“楽しい”と感じられるものを探してみましょう。体を動かすことに喜びを感じられれば自然と続けられるようになります。

目標や仲間を見つけよう

継続するという意味では目標の設定も重要になります。どんなスポーツでも目標があると長続きしますし、より真剣に取り組むことができます。一緒に取り組める仲間がいれば一緒に楽しさを分かち合うこともでき、良い相乗効果を得られます。

仲間を見つけることは運動の継続以外にもメリットがあります。それは『出会い』が広がること。どんなジャンルのスポーツにもコミュニティが存在します。そこに入ることで仕事や私生活以外の出会いを見つけることが可能になります。

同じ目標を持って汗を流す仲間であれば共通の話題も多く、親密になるのも早まります。ひたむきに頑張り成長することができれば「異性の仲間」からも好感が持たれるのは間違いないでしょう。シニア世代であっても、頑張る男の姿はやはりカッコイイものです。

運動をしようと思う心の灯はちょっとしたことで消えてしまいます。燃える心はひとまず押さえ、じっくりと継続させることをオススメします。焦らずゆっくりと、健康的なボディと異性の仲間作りを目指していきましょう!