スポーツで中年ボディとはサヨナラ!40代サラリーマンの体験談

「若き日の輝きを取り戻したい!」会社員のシニア男性Kさんはそう思っていました。食生活を見直そうとダイエットを始めるも続かずに失敗。諦めかけていた彼が復活し、モテボディを手に入れたきっかけとは果たして!?


飲んで食べて太ってしまって

若いころは背も高く筋肉質でスポーツ万能だったKさん。仕事が忙しくなりはじめた30代以降、体を動かすことはなくなり食生活も乱れ始めました。仕事の付き合いで飲み会、友人付き合いでも飲み会。そして帰りはお決まりの締めラーメン。彼の体はブクブクと太っていきました。

ダイエットに挑戦するも大失敗

荒れた食生活により、気が付けば10年前に比べて20キロの体重増加。さすがにやばいと感じたKさんは一念発起しダイエットすることにしました。自炊があまり得意ではない彼が選んだのは流行りの「単品ダイエット」。果物やカロリーの低い食品を中心に摂り、痩せる方法です。

始めた当初は1週間で5キロも減るなど効果をみせました。しかし、年末に差し掛かり付き合いの飲み会が増え始めると、徐々に元に戻り始め……気が付いたら10キロ増。元の体重からはプラス5キロ増えてしまいました。

単品ダイエットは食べない方法で短期間での結果はでやすいのですが、筋肉も減少してしまうため、カロリーを消費しにくい体になりリバウンドしやすくなってしまいました。

挫折と新しい出会い

ダイエットに失敗し、さらに体重が増加してしまったKさん。飲み会では同僚からネタにされて部下の女子からも笑われる始末。みんなの前では笑顔を振りまく彼でしたが、内心は。「もう一生太ったままなのかな」と挫折感でいっぱいでした。

そんな時、学生時代に同じ部活で汗を流した友人から連絡がきたのです。「実は草野球チーム作ったんだけど一緒にやらないか?」Kさんは学生時代、野球部のレギュラーでクリーンナップを任される強打者でした。

昔とは全く違う体型になってしまったため、いまいち気は乗りませんでしたが「ストレスの解消にはなるかな」と思い、OKの返事をしました。

仲間と汗を流す楽しみ

練習初日はあまりのKさんの変貌ぶりにチームメイトは驚いていたそうです。しかしかつて一緒に体を動かした仲間、それ以上余計な詮索はしません。ボールを投げてバットを振り、ともに汗を流せば、そこには昔と同じような絆がありました。仲間との心のつながりがKさんの新たな心の灯に火をつけることになります。「昔のように試合で活躍したい!」。

それからKさんは毎日ジョギングと筋トレをを行うようになりました。痩せるためというわけではなく、ただ「昔のように打ちたい」という気持ちが彼をストイックにさせました。そして半年後……Kさんは地区大会でサヨナラヒットを放ったのです。チームメイトたちは駆け寄り、彼を持ち上げて胴上げをしました。「痩せて胴上げしやすくなったな!」そう声をかけたのはKさんをチームに誘った同級生でした。

目標を持ったトレーニングと、仲間と一緒に楽しく野球をし、気が付けばすっかり痩せたKさん。程良く筋肉がついたモテボディの彼には、同僚は羨ましそうに見て、部下の女子社員たちからは憧れの眼差しを向けられているそうです。40過ぎても太った中年ボディからサヨナラできる!Kさんがいい例ですね。