女性が抱える不安をオジサマの包容力で包み込もう

天真爛漫で悩みがなさそうに見える若い世代の女性たち。ところがその心の中はいつも不安でいっぱいなのだとか。その不安を埋めるために彼女たちが求めているのは「オジサマ」の包容力なんです。


オジサマと同世代の女性にはない「か弱さ」を持つ若い世代の女性たち

生まれたときから世の中の景気が不安定で、その中を生きている若者は知らず知らずに漠然とした不安感を抱えているため、その結果安心感を求めています。無意識に安堵感を求めているため、中にはいつも不安げな若者も少なくありません。そんな世代から見た年上40歳のオジサマは落ち着き払った大人に映るわけです。

自分の中にある不安は、この人だったら解消してくれるかな、一緒に過ごすことで安堵感を得られるのかな、と安らぎを求めてきます。40代オジサマはそんなか弱き女性に頼られたらイチコロですね。一人で過ごすことに不安を覚える若い女性、そんな女性を守ってあげる包容力のあるオジサマ。バランスの取れた良いカップルになれそうではありませんか。

年の離れた女性が魅力的に見えるワケ

40代世代が20代の頃、今と世の中の状況はずいぶん違います。たとえばバブル期と呼ばれていた時代と今を比べれば、その違いは歴然で、それが女性の価値観の違いと繋がっているのです。バブルの頃に20代だった女性たちは、社会進出こそが自分のスキルアップのすべてと考えていた傾向が強く、男勝りな女性が多かった時代でした。

自分ひとりでも生きていける強さがある女性こそ「格好良い」という印象があったんですね。ところが時代が変わると、世の中の風潮として結婚した女性は勝ち組、独身女性は負け組といつの間にか分類されるようになってしまいました。強い女性は憧れの象徴だった時代から、やはり女性はか弱くあるべき、そのほうが魅力的という時代に変化してきたんですね。いつの時代も、男性にしてみれば女性は「守ってあげたい存在」なわけです。

年下女性のワクワクドキドキを刺激するオジサマはモテる

安心感を求めるために、若い世代の女性たちはオジサマに狙いを定めている、といっても言い過ぎではないのかもしれません。刺激を求めなくなった若い世代の男性より、常に好奇心に溢れていて包容力もある男性、年齢的にも経済的安定があるオジサマはやはり魅力的に映るのです。

オジサマに安堵感を求めつつ、何でも知っているという刺激的な男性に胸ときめく若い女性たち。男性と同じように女性にも性欲はあるわけですから、このオジサマになら抱かれたいと心の中では思っています。ただ、女性ということでその気持ちを表に出さないだけなんです。オジサマとしての魅力には自信はあるけれど下半身はここのところスッカリ・・・、と落ち込んでいませんか? 例えばEDなどで悩んでいるなら、早めに治療を受けて男としての自信を取り戻してくださいね。一人で過ごす寂しい日々より、落ち着きあるオジサマと心通わせたい女性と出会うチャンスを逃さないためにも。

一緒に過ごす時間が唯一安らぎの時間、そんな風に甘えてもらえたら男としてますます相手を守ってあげたくなります。今の自分に満足せず、素敵なオジサマで居続けるために探究心をお忘れなく。恋人ができたことに安堵した途端、オジサンまっしぐらなんてことのないように。