ギターと一緒に購入しておくべきもの

アコースティックギターを青春時代に楽しまれた方も多いのではないでしょうか?あるいは手軽に始められる趣味として、これから始めるオジサマも多いと思います。そこで実際にギターショップに行って購入するのですが、ギターを1本だけ購入すれば良いと言うわけではありません。 ギターの購入時に、一緒に買っておきたいものを紹介していきましょう。


ピック

必需品です。アコースティックギターの場合、ピックを使わず指で演奏する「アルペジオ」という奏法もありますが、やはりピックを使って様々なテクニックを駆使するのはカッコいいと言えます。

しかし、ここで問題なのが「ピックの厚み」です。最も薄いものだと0.5mm程度、厚いものだと2mmのピックもあります。

基本的に1mmを選んでおけば良いのですが、「速弾き(メロディラインを早く弾く)」に興味がないなら0.8mmのものでも良いでしょう。厚みさえ決まってしまえば、あとはお好きなデザインのものを選んでください。なお、デザイン性の高さもピックの特徴なので、ピックを収集される方が多いのも事実です。

ギターケース

ギター本体は5万円程度のもので十分ですが、ケースが安っぽいと「大人のイメージが台無し」と言えます。したがってケースは革張りの少し高いものを選んでおきましょう。

カラーもブラウンなどを選んでおくと、大人の男性の魅力がグッと増すと思います。

ボトルネック

スライドバーと呼ばれることもありますが、ブルースを弾く時によく使うアイテムです。最初はあまり使用する機会はないと思いますが、後々に「ボトルネックを使ってブルースを弾く」という、モテオジサマ必須のアイテムになりますので、ギター購入時に併せて買っても良いと思います。

ストラップ

立って演奏する時に、ギターを肩にかけるベルトのようなものです。これもデザイン性の高いものが多いですが、ペラペラの安っぽいものは避けておきましょう。それでは「お金のない学生」のように見えてしまいます。

弦の洗浄スプレーとクロス

ギターの弦は、練習後に必ず洗浄しなければいけません。さもないと手垢などですぐに劣化してしまいます。そのため、弦の洗浄スプレーと専用のクロスも購入してください。

ギタースタンド

練習後、ギターを床にポンと置くのは止めましょう。ギターを立て掛けておく専用のスタンドがありますので、一緒に購入しておけば便利だと思います。

予備の弦

弦は、どれだけきれいに洗浄しても必ず劣化していきます。急に弦が切れた時でもすぐに練習を再開できるよう、予備を1セット購入しておきましょう。

音叉orチューナー

チューニングが狂っているギターほどカッコ悪いものはありません。本来なら音叉の方がカッコよいのですが、慣れないうちは専用のチューナーを購入しておけば良いでしょう。

いかがでしょうか?ギターを始めるために、一緒に購入しておきたいグッズの数々を紹介してきました。上記をギター購入時に併せて買っておくと、「これがない!あれがない!」と慌てることもありません。

これで準備は完了です。モテるオジサマを目標に、毎日少しずつ練習を開始しましょう!